ご協力お願いします!

2009年11月30日

@紅葉@大洞院 (だいとういん)

SANY0023.JPG


SANY0024.JPG
朝9時
「紅葉見に行くにぃ〜!!」
母から電話。
あわてて準備して、連れて行ってもらいました。
母の運転で、母の友達と3人。
いざ、遠州森町へ〜

最初に行ったのは、
“森の石松”のお墓がある
大洞院 (ダイトウイン)
紅葉:見頃 11月下旬〜12月上旬
P:無料:50台

町の中心部より北西にあるこの寺は、
古くより曹洞宗の名刹です。
この寺の一角には「石松の墓」があります。
遠州森町ときけば「森の石松」が思い浮かぶ方が多いことでしょう。
(少し古い話です)
清水次郎長の子分、
馬鹿で喧嘩早く、
お人好しなキャラクターで時代劇にたびたび登場する人物。
その石松の出身地とされているのがこの森町です。
しかし、実在の人物かどうかは、さだかではありません。
この墓石が商運、
ギャンブル運を呼ぶという”うわさ”が広まって、
削っていく人が後をたたず、
建て替えること2回、
2代目の墓石は盗難にあってしまうほど。
現在は3代目、
これも堀った文字が読めなくなり削り直し、
3.5代目というところでしょうか。

※大洞院 (ダイトウイン) HPより


SANY0037 (0).JPG


SANY0025 (0).JPG


SANY0026.JPG


石松の墓は従前、
御影井戸付近にありましたが、
昭和十八年現在地に移転されました。
昭和三十年頃より誰言うとなく、
石松の墓の石を持っていると
「商売繁盛」「勝負運強い」との風評が流れ、
これがため墓参者によって
墓が削られ始め、
最近では墓に書かれた文字も無くなり丈も低くなり、
これでは墓の意味が失われてしまうと
有志相謀り再建を計画しましたところ、
各地から多くの人たちの協賛、
浄財が寄せられてここに再建されたものです。
(協賛者ご芳名は、芳名録により、
永久保存のため大洞院に保管してあります)

SANY0027 (0).JPG


SANY0028 (0).JPG


SANY0031 (0).JPG


SANY0032.JPG


母です。

SANY0034 (0).JPG


私です。
あえてお腹を強調させてみました!
もう いつ出てきてもおかしくないほどパンパンです(^o^)丿

SANY0035 (0).JPG


SANY0036 (0).JPG



続く・・・


※ワンコは、連れていかなかったです(=_=)

ニックネーム めぇぐ at 20:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする